風俗嬢と男たちの物語

タイプよりも愛嬌かもしれない

好みのタイプの風俗嬢を選ぶよりも、愛想の良い風俗嬢を選んだ方が良いなって思うようになりました。まぁ好みの子が愛想が良いパターンが一番だと思うんですけど、なかなか上手くは行きませんしね。人それぞれなのは風俗嬢も同様なので、どういった形で楽しむのかもまた、自分なりに考えているんですけど、愛想の良い風俗嬢の方がコミュニケーションが深まるし、こっちもあれこれ言いやすいのはありますよね。怒るとか説教って意味じゃなくて、自分がどんなプレイを求めているのかを伝えやすいんです。不愛想とまでは言いませんけど、愛想がないとどうしても自分から言いだす必要があるので、話術に自信があるならともかく、話術に自信がないと結局は上手く伝えることが出来なくなっちゃうんじゃないかなって思うんですけど、愛想のよい女の子であればこちらの意図をしっかりと察知してくれるので、自分の理想のプレイを楽しみやすいんです。だから愛想はかなり重要ですよ。

やっぱり楽しさかな、風俗は

快感、満足感。自尊心ってものもあるかもしれないですね。風俗にはいろいろなことが待っているんですけど、自分がここまで好きになったのは「楽しい」からこそですね。どれだけいろいろな気持ちになれると言っても、そこに楽しさがなければここまで風俗にハマることはなかったんじゃないかなって思いますね。それくらい、風俗の楽しさって違うものなんですよ。だって女の子との楽しい時間ってことじゃないですか。しかもその後には快感もあるし、満足感もあるんです。男としてのプライドだって満たされますけど、そこに楽しさがあると、それらがより一層際立つと思うんですよね。これは相手の女の子選びもそれなりに重要なことだと思うんですよ。例えばですけど、明るそうな雰囲気の女の子は大抵楽しいプレイになりますね(笑)根暗そうな女の子は指名したことがないので詳細は不明ですけど、楽しみたいからこそ、楽しめそうな風俗嬢を指名する。当たり前ですよね。