風俗嬢と男たちの物語

理想そのものだと断言出来るかも

風俗は理想そのものです。男の理想を形にしたサービス、それが風俗と言ってよいでしょう。女の子に気持ち良さを与えたもらえるだけでも貴重なものだと思いますけど、それだけじゃないんですよね。何が大きいって、結局全てなんです。トータルパッケージってやつですよ(笑)だって風俗では女の子との時間もそれはそれで楽しいですけどホームページやポータルサイトを見て女の子を選ぶのもまた、楽しいじゃないですか。風俗店のホームページでプロフを見て、どんな女の子なんだろうって興味を持つじゃないですか。そして興味を持ったら指名することでその女の子と楽しい時間を過ごすことが出来ちゃうんです。これはやっぱり風俗だけでしか味わうことが出来ない風俗のメリットと言っても良いんじゃないかなって思うんですよね。女の子選びから、さらにはいろいろなことを楽しめるのもあって、風俗は男の理想そのものだって断言しても良いんじゃないかなって気持ちです。

会話が苦手だったからこそ

風俗って女の子とのコミュニケーションそのものじゃないですか。「風俗ではコミュニケーションが重要」といろいろな所で語られていますけど、それは自分でも分かるとはいえ、そもそもプレイそのものがコミュニケーションと言い換えても良いじゃないですか。正直、コミュニケーション能力に自信があるとは言えない自分にとっては、風俗嬢とのトークなど、プレイ前の時間が得意ではありませんでした。それこそ、別に会話は言いからサッサとプレイを始めてくれないかなって何度も思いましたからね(苦笑)だからか、最近ではピンサロが好きになりました。ピンサロも全く会話がない訳じゃないですけど、他の風俗と比べるとかなり早いというか、それこそ軽い挨拶程度で「じゃ、始めましょうか」みたいな雰囲気になるんです(笑)それは自分のようなタイプの男にとっては本当にありがたいことだと思うんですよね。だからか、最近はピンサロのお世話になることが増えているんですよ。