風俗嬢と男たちの物語

何をもってして「満足」なのか

満足したいからこそ、多くの男たちが風俗で遊んでいると思うんですけど、そもそも「満足」もまた、人それぞれ形が違うものなんじゃないかなって思うんですよね。それだけに、風俗にはあれだけの選択肢があると思うんですよ。女の子、ジャンル。それぞれやっぱり凄いことじゃないですか。しかもその中から男が選ぶことが出来るんです。つまり、風俗ではイニシアティブを握っているのは男側ってことです。自分がどういった満足を求めているのか。これを解明することによって、相手だって自ずと見えてくるものなんですよ。自分の場合、性感マッサージですね。マゾが多少は行っている自分としては、性感マッサージこそりそうそのものといってもけっしてかごんではないんです(笑)むしろ性感マッサージだけでもいろいろな女の子がいて、それぞれ違った武器を持って男を楽しませようとしてくれるじゃないですか。あの世界観は一度味わってみると病みつきになること間違いないんじゃないかなって。

性格が出るなと思った

風俗嬢もまた、プレイには性格が出るものだなって思いますよ。大雑把な風俗嬢もいれば、とっても几帳面な子もいます。それはやっぱり性格ですよね。お店から教育されたであろうプログラムをしっかりと守っているんだなって思うプレイもあれば、女の子の気分で適当にというか、こちらとの気分も考慮してダイナミックに遊んでいるのかなとか(笑)プレイしつつも、やっぱり女の子の個性も出るものだよなって思いながら楽しんでいますけど、それはそれで悪いことではないですし、風俗の楽しみ方の一つでもあるんじゃないですかね(笑)それに、慣れてくるとそういった性格の部分が面白くなるんですよ。風俗嬢もまた、人それぞれというか、個性豊かな女の子たちばかりなので、細かい部分で見れば、誰もが微妙に違うプレイを楽しませてくれているんですよ。そう思ったら、何だかんだでとっても刺激的だなって毎回のように思うんです。それくらい、風俗は奥深いものなんですよ。