風俗嬢と男たちの物語

新たな発見がありますしね

いつも自分なりにテーマを持って風俗で遊ぶようにしています。それは、毎回違う風俗にするというものです。リピートしないだけじゃなく、出来れば前回とは違ったジャンルの風俗を楽しむというスタンスの元で楽しむようにしているんですよ。その方がいろいろな楽しさが待っているのも事実なんですよね。毎回違う楽しさが待っていると言っても決して過言ではないし、新鮮な気持ちで楽しめるのも大きなメリットと呼ぶに相応しいものなんじゃないかなって思うんですよ。いくら刺激的な風俗ではあっても、毎回同じジャンルだとさすがにマンネリになってしまうんじゃないかなって気持ちもあるんです。でも毎回違うジャンルにしておけば、とりあえず前回とは違う雰囲気を味わえるじゃないですか。だからその刺激もまた、自分の中では大切にしたいなって思っているんです。刺激を求めて風俗に行くのに、同じジャンルばかりだったら結局あまり新鮮さが感じられなくなっちゃうじゃないですか。

あの性感マッサージ嬢が凄すぎた話

あの日の性感マッサージ嬢は、これまでの性感マッサージだけじゃなく、自分の風俗の歴史を紐解いてもトップクラスの腕前を持っていましたね。風俗の中では性感マッサージが大好きなんですよ。性感マッサージの女の子たちはテクニックが素晴らしいですよね。だから受け身って訳ではない自分でも、じっくりと楽しみたいなって気持ちになるんです。しかも性感マッサージの素晴らしい所は、単純に考えても分かるんですけど、とにかくどの女の子も男の快感を一番に考えてくれている所です。むしろそれ以外考える必要が無いのが性感マッサージという風俗の長所でもあると思うんですよね。他の風俗だと相手の快感以外にもいろいろと気を使うことが多いと思うんです。でも性感マッサージは快感だけでいいんです。その日相手をしてくれたRちゃんもそうです。こちらへの快感だけに特化して、体の隅々まで刺激してくれたのはもちろんですけど、緩急の付け方や強弱、リズム。最高でした。